リールのギア比とは?ハイギア、ローギアはどう違う?釣りの状況によって考えてみた

調査まとめ

リール画像 DAIWA : レグザ より引用

こんにちは。ぽてまるです。

いろんなサイトでリールのローギア、ハイギアのメリット・デメリットは解説されてますよね。

解説してもらって理解はできるんですが、じゃあ自分の釣りにはどっちが向いている?って考えた時、悩んだことはありませんか?

まさに私が釣りを始めたばかりの初心者の頃、リールを購入する時に悩んだのがソレだったので。

ここでは初心者向けになるべるわかりやすく解説していきます。

以下、中~上級者向けの内容ではないですね。ギア比に対する個人的な考えも含まれているためご了承ください。

この記事では大雑把に

スピニングリールなら5.8以下をローギア、5.9以上をハイギア

ベイトリールなら6.9以下をローギア、7.0以上をハイギア

として説明していきます。

※細かく言うとローギア、ノーマルギア、ハイギア、エクストラハイギアのように分類もできるのですが、この記事ではそこまで分けません。この記事で言いたいのはギア比の高低差が釣りにどんな影響があるかなので。

リールのローギア、ハイギア

リールのギア比とは

リールの製品仕様を見ると必ず記載されている「ギア比

ギア比 6.2

みたいに書かれてますよね。これはリールのハンドルを1回転させたらスプールがどれだけ回転するかを表しています。

この場合はハンドルを1回転させるとスプールは6.2回転するんですね。

はい、こうやって聞いてもピンとこないですよね。言ってることはわかるけどそれが釣りにどう影響するの?ってなりませんか?

まずはリールのギア比の意味をさらに理解するにあたり、変速機が付いている自転車をイメージしてください。

自転車とリール

そして

自転車のペダル = リールのハンドル
自転車のタイヤ = リールのスプール

だと考えてください。

変速機付きの自転車
  • ローギアはペダル漕ぐと軽いけどタイヤの回転数は少ない。
  • ハイギアはペダル漕ぐと重いけどタイヤの回転数は多い。
リール
  • ローギアはハンドル回すと軽いけどスプールの巻き取る量は少ない。
  • ハイギアはハンドル回すと重いけどスプールの巻き取る量は多い。

基本的にはリールのギアも自転車のギアも考え方は同じなんですね。

ギア比というのはリールのハンドルの1回転あたりのスプールの回転数です。数値が高ければ高いほどハイギア寄りということになります。

ローギアとハイギアの違い

自転車のギア比にも一長一短があるようにリールのギア比にも一長一短があります。

なので自分が釣りたい魚種や釣りをする状況によって選択するギア比が変わってきます。(←これが初心者の方がわかりにくくなる原因)

なるべくわかりやすくなるよう釣りをする状況例も含めて解説していきます。

ローギアのほうが巻き取るパワーが強い

ローギアとハイギアのリールのハンドルを同じ速さで回した場合、ローギアのほうがスプールの回転が遅いです。しかし、ハンドルを回す力がスプールに伝わりやすいため、ローギアのほうがパワーがあります。

例えば以下のような状況でローギアの方が有利です。

  • 大きな魚とのファイトとなった時、主導権を取られないようにしたい。
  • なるべくゆっくりと仕掛け(ルアー)を動かして誘いたい。

ハイギアのほうが糸を素早く回収できる

ハイギアはハンドルの1回転あたりのスプールの回転量が多いため、釣り糸を素早く回収できる(巻き取れる)というのがハイギアの特徴。

例えば以下のような状況ではハイギアのほうが有利です。

  • 沖のほうに魚がいて手前側には魚がいないため、沖のほうを探り終わったら早く仕掛を回収したい。手返しをよくしたい。
  • 風が強くて仕掛けが着水後、釣り糸がたわんでします。糸フケを早くなくしたい。
  • ルアーを速く泳がせて誘いたい。

ハイギアのほうが感度が良い

何故ハイギアのほうが感度が良くなるのかわかりづらいですよね。

これも自転車の変速機がよく例に出されてますが、さらに深堀りしてハイギアのほうが感度が良くなる理由を説明します。

自転車のハイギアで走行しているとしましょう。そして、小さな段差があったとします。乗り越えると減速してしまいますよね。ちょっとペダルも重たくなり「あ”-っ!」ってなります。(そこまではならないか?w)

ではローギアで小さな段差ならどうですか?もしかしたら段差があったことにも気づかず、減速することもなくスイスイ進めますよね。

なにが言いたいかというと

自転車のハイギアは小さな障害物があっただけでもペダルを漕ぐ足に伝わってきます。

リールのハイギアも同じで小さな変化(魚の小さなアタリ、障害物にカスッた、流れの変化)があっただけでハンドルを回す手元にその感覚が伝わってきます。

これがハイギアのほうが感度が良いと言われる理由です。

そしてもう1つ。ハイギアのほうが糸がたるんでいる時間が短くなりがちなため、感度が高くなります。糸がたるんでたらどんな高性能のリール使っていても感度もクソもないですもんね。

そして、これだけ説明しといて最後に元も子もないこと言いますが、はっきり言ってハイギアのほうが感度が高いというのは微々たるものです。

ローギアが感度悪くて使えないかというとそういうわけではありません。感度の良し悪しでリールを選ぶのはやめといたほうがいいかもしれません。

ハイギアはローギアを兼ねる!?

さて、上の項でローギア、ハイギアの違いを説明したわけですが、私が言いたいのは初心者にとってハイギアはローギアを(だいたい)兼ねる!ということ。

ローギアのメリットは巻き取るパワーが強いこととゆっくり巻けることですが、ローギアじゃないとまずいというぐらいの大物を掛ける機会は少ないことと、ハイギアもゆっくり巻けないことはない。

のでもしギア比でリールの購入に迷ったらハイギア寄りを選んでおけばいいのではないかと思います。実際、最近の主流もハイギアらしいですしね。

釣りの状況別、ギアの選択例

ぽてまる
ぽてまる

今日は夜釣りだ。暗いからルアーをゆっくり泳がせたいな。ローギアのリールを持って行こう。

ぽてまる
ぽてまる

今度行く釣り掘は大物が爆釣するっていうし、大物とファイトする時間が多くなりそう。ローギアのリールで決まりだ。

ぽてまる
ぽてまる

今日は泳がせ釣りするから手返しの速さ求めないし、大物が掛かる可能性あるな。ローギアのリールにしよう。

ぽてまる
ぽてまる

バス釣りでクランクベイト使ってると巻き抵抗がすごくてハイギアだと疲れるな。ローギアのリールのほうが疲れなさそうだ。

ぽてまる
ぽてまる

オレはせっかちなせいかリールを速く巻いてしまいがち。速く巻いてもなるべく遅く誘えるようにローギアにしよう。

ぽてまる
ぽてまる

昼間は明るいからルアーを見切られやすいな。だからルアーを速く泳がせたい。ハイギアのリールを使おう。

ぽてまる
ぽてまる

遠投して沖のほうを重点的に攻めたい。手前付近は魚はいないだろうから早くルアーを回収したいな。今日はハイギアのリールを選択だな。

ぽてまる
ぽてまる

風が強くて、着水直後の糸フケがすごそうだ。早く糸フケをなくしたい。ハイギアのリールにしよう。

さいごに

一般的にはハイギアを推される方が多いかと思いますが、私個人に関して言えばローギア寄りのほうが好きです。

私は夜釣りのシーバス狙いが主体なのでリールのハンドルをゆっくり巻きたい状況が多いのと、せっかちなせいかリールを速く巻いてしまいがちなのでローギアのほうが好きです。

ほんとはゆっくり誘わないと釣れないのに「早く釣りたい! x ハイギア」だと余計に釣れなくなってしまいます(笑)

どっちのギアを選んでも決して間違いではありません。

この記事があなたのリール購入する際の目安になれば幸いです。

では、明日も笑って良き釣りライフを( ´∀`)ノシ



タイトルの画像はシーバス、ロックフィッシュ、ショアジギングに使用できるという汎用性を兼ね備えたダイワのリール「レグザ」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました