ノットの結束部はガイドを通ってしまっていいのか?ショックリーダーの長さとの関係を考えてみた

ノットの結束部 調査まとめ

こんにちは。ぽてまるです。

PEラインとショックリーダー(以下、リーダー)を結ぶと結束部ができますよね?

この結束部、ガイドを通ってしまっていいのかどうか迷ったことはありませんか?

悩むぽてまる
悩むぽてまる

ノットの結束部ってガイドを通っていいのかな?

リーダーは長さ1ヒロとかよく言うけど、1ヒロってわりと長くない?

そんなに長かったらガイド通さないと無理じゃない?

私もルアー釣りでPEラインを使用し始めた時、悩みましたので今日はその辺の考えを書いていこうと思います。

そしてこの考え。こうしておけば正解だよ!と言えるものではなく、自分の釣りスタイル、釣る場所、釣る魚種など、あらゆる要素によって変わってくるので初心者アングラーを悩ませることでもあります。

ここで私が言いたいのは、正解ではなく、「リーダーの長さはどうすればいいか?結束部はガイドを通すか?」の自分の考えを書いて、読者の方の参考になればいいな。ぐらいのつもりです。

最終的な(自分の中の)正解はあなた自身の考えで決めてください。

注:以下、私はシーバス釣りが主体なのでシーバス釣りの考え方による部分が大きいかもしれません。

ノットの結束部はガイドに通ってしまってもいい?リーダーの長さはどうする?

そもそもリーダーって必要?

リーダーって結ぶのめんどくさいんですよ!だからコレ、最初は誰もが思いますよね?

リーダー無しでPEラインにルアー直結じゃいけないの?と。

まあ私も当初、この疑問にぶちあたり、ルアー直結やってみますよね。

PEラインがルアーとの結び目のとこで切れるよね。ルアーが空飛んでくよね。およげ!たいやき君ばりに海へ還っていくよね。すぐにやめました。

※さすがに1投で切れることはそうそうないですが、重いルアー直結して何投かするとやばいと思いますし、その状態で魚が掛かるとさらにやばいです。

結論:リーダーは必要です。

リーダーを接続するメリットは他にもいろいろあるんですが、ここでそれを書きだすと長くなりすぎるので割愛しますw

スピニングタックル使用の場合

スピニングタックルのノットの結束部
ノットの結束部がトップガイドを通過している状態

ガイドにノットの結束部は通さない。だが通ってしまっても問題ない。

というのが基本の考え。そしてリーダーの長さは1~1.5mぐらいとする。

そして正直なところ言わせてもらいます。私もリーダーの長さは1.5mぐらい取っているわけですが、ガイドにノットを巻き込むことのほうが余裕で多いです。

つまりガイドに結束部が入ってしまうことをほとんど気にしてません。私は夜釣りがほとんどなのでいちいち結束部がどの辺にあるのか見てません。(というか見えないw)

ベイトタックル使用の場合

ベイトタックルのノットの結束部
ガイド、レベルワインダーを越えてスプールに結束部を巻き込んでいる状態

ガイドにノットの結束部を通し、スプールまで結束部及びリーダーを巻き込む。

というのが基本の考え。この場合、リーダーの長さはロッドの長さ以上とする。私の例でいくとリーダーは4、5mにするようにしています。

※ベイトタックルは人によってさらに意見が分かれます。ここではあくまで私の個人的な意見です。

遠投というよりもコントロール重視で投げるベイトタックルはタラシも短くすることが多いですよね。タラシが短いってことは必然的に結束部がガイドに入ってしまうことになります。

ここで問題になってくるのは結束部をどこまで巻き込むか?ってことなんですが、ベイトタックルではスプールが回転しはじめの速度が安定していない状態で結束部がガイドを通過してしまうとバックラッシュする可能性が高くなるので、中途半端にガイドとガイドの間に結束部を持ってくることはしてません。

あえて結束部をスプールまで巻き込んでしまうことでバックラッシュの可能性を低くしてます。

ノットは何がいいのか?

もし結束部がガイドを通ることが前提とするなら、結束部は小さくてガイドに引っかかりにくいノットがいいですよね。

と、考えるとFGノットになります。(他にもいいノットあるかもだけど、今のところFGで事足りてるのでやってませんw)

結束部を巻き込むとガイドは痛まないのか?

ロッドガイド

一般的にガイドリングによく使われているSiCという素材があるのですが、これが使われていれば痛みを気にするほどではないですね。なんでもダイヤモンドに次ぐ硬さらしいです。

ただ、ガイドリングは痛まなくても、あまりむちゃな引っかけ方をするとガイドの根本からポッキンしてしまう可能性が無きにしも非ずなのでお気をつけくださいw(むしろこっちのほうが怖いかも?)

低価格のロッドだとSiCが使われてない可能性があるので購入するときは確認してみてください。

最後に

結局のところは、自分でいろいろ試してみるしかないですね。

釣り場が岩礁帯で根ズレ多発しそうならリーダーは長くしますし、リーダー長くするならガイドに結束部は巻き込まざるを得ないですもんね。

逆に障害物がないようなオープンな場所ならリーダー短めで事足りるのでガイドに結束部を巻き込まなくてすみますよね。

ひとつ言えるのは、

ガイドに結束部を巻き込むのはNGではない。ただ、巻き込まずにすむなら巻き込まない方がよい。

です!

では、明日も笑って良き釣りライフを( ´∀`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました