フィッシュグリップで魚はどう持つ?顎を貫通させず最小限のダメージでリリースしたい!

フィッシュグリップで魚はどうやって持つ? やってみるといいかも

こんにちは。ぽてまるです。

みなさんフィッシュグリップって持ってますか?

フィッシュグリップを使う目的っていろいろあると思うんですが、個人的にいちばん重要な目的はリリースする時です!

私は基本、釣れた魚はリリースせずに食べてしまうのでフィッシュグリップの重要性はあまり感じておらず、持ってもいませんでした。

でもね、自分の釣りの幅が広がるに釣れてリリースしたい時も出てきたんですよね。

それは水質の悪い場所で釣ってしまって食べづらい時と、釣れすぎて捌ききれない(食べきれない)時ですw

どうせリリースするなら魚への傷は最小限にしたい。という思いからフィッシュグリップを買いました。

これが、お買い上げしたタカミヤのフィッシュグリップ。魚の口を掴む部分の表面積が大きくなっていて、顎貫通しずらいんじゃないかなー。と思ってます。重さの計測はできません。

フィッシュグリップを使ってリリース時の魚へのダメージを抑えたい

フィッシュグリップを使用する目的

フィッシュグリップって魚を掴むためだけのものですが、けっこう人によって目的が違うと思います。主な目的は以下ですね。

  • ランディングできる(足場と水面が近い場所に限る)
  • 口に掛かったルアーを外す際、安全に外せる
  • 魚に手を触れずリリースできる
  • 写真撮影できる
  • 魚の重さの計測ができる(製品による)

私がフィッシュグリップを使う目的は冒頭でも話しましたが、

魚に手を触れずにリリースできる。です。

釣れたサイズも微妙でサイズ計測不要なら魚を地べたに置くことなく、フィッシュグリップで掴んだまま写真撮って、ルアー外してそのままリリースできるからです。

顎は貫通させたくない!垂直に掴もう!

フィッシュグリップでの魚の掴み方も人それぞれですが、垂直に持ったほうが顎への負担は軽くなりますね。

リリースするなら顎貫通もさせたくないじゃないですか。

でもはっきり言って気をつけていても貫通するときはします。

釣れた魚をフィッシュグリップで持ち上げるとしましょう。

その魚はルアーを呑んでしまっていてそう簡単には外せない状態。

フィッシュグリップで魚持ちながらプライヤーでルアー外そうと集中していると、どうしても力が入ってしまい貫通することもしばしば。

これはもうしょうがない・・・。

ルアーを呑まれないようアワセを的確なタイミングでできる技術を身に付けるしかないですね。すごく難しそうですが・・・w

水平に掴むのはやめよう?

私は魚を水平に掴むことはしないのでここはシャチ君に手伝ってもらいます。

シャチ君、顎痛そうですねw

やっぱりこの持ち方のほうが顎への負担が大きいです。貫通させたくないならこの持ち方はないかな・・・?と。

あと、なんか胸ぐらを掴んでるような感じに見えませんか?ちょっとオラオラ感が出ているというかw

閃光花火を水平にして持ちませんよね?垂直にして持ちますよね?それと同じです。(例え下手w)

エラ呼吸の手助け

リリースする時、フィッシュグリップで顎を掴んだ状態で魚を水に付け、ゆっくり左右にゆすってあげるとエラ呼吸が再開して元気になります。(なったように見える)

実際、このアングラーの行動が魚の蘇生の手助けになってるかどうかはわかりませんが、リリースするんだから生き延びてほしいという心の表れですよね。

元気に泳いで帰っていくところ見たいですし、リリース時にはエラ呼吸の手助けをしてあげればいいと思います。

最後に

釣りは多かれ少なかれ魚に傷をつけてしまう遊びってのはわかってるんですから、それが無理なら最初から釣りなんてしてませんよね。

SNSでも魚への傷つけ問題、たびたび議論になってます。

SNSおやじ
SNSおやじ

魚は手で触れたら大火傷するよ!

手で触るならせめて手を水で冷やして!

SNSおやじ
SNSおやじ

手で触れるぐらいなら問題ないでしょー!

SNSおやじ
SNSおやじ

リリースするのに顎貫通させたらダメ!

SNSおやじ
SNSおやじ

小さい穴を貫通させるぐらい問題ないでしょー!

上記、みたいな感じでw

正直、リリース後の魚が生き延びるかどうかなんて、よっぽどガチで検証しない限り誰にもわからないですよね。

なので、リリースする時は魚へのダメージをなるべく最小限にしたいという気持ちを持っていることが大事なのではないでしょうか。

生き物の命を大切にしたいという心を持っていれば、自然と魚へのダメージが少ないリリース方法になっていくはず。というのが私の考えです。

では、明日も笑って良き釣りライフを( ´∀`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました