釣りSNSで炎上したり他人を不快にさせる可能性のある6つのこと

調査まとめ

みなさん、釣りアカウントとしてのSNSって使ってますか?

主要なところで言えばTwitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)がそれにあたります。

釣りの趣味ってSNSと相性いいと思うんですよね。

魚が釣れるとやっぱりうれしくて写真撮るじゃないですか?

それを写真としてSNSに投稿すると「いいね!」がもらえます。釣りのモチベーションも上がるんですよね。

でもSNSは、使い方を間違えると見ず知らずの人から非難されたりするちょっと怖いもの。

ここではSNSを釣りのコミュニケーションツールとして使う場合の気をつけることを書いていきます。

どのSNSでも気をつけたほうがいい内容を書いていますが、不特定多数の人の目に触れることの多いTwitterを使う際は特に注意が必要ですね。

釣りでSNSを使う際、気をつけておきたいこと

以下、釣り禁止の場所で釣りしてしまったりゴミを釣り場に捨てたり、釣り人としての最低限備えてなくてはならないマナーとは少し違います。

絶対にやってはいけないことではないので言われないとわかりにくいものもあります。

また考え方に個人差があるので、こういうことすると嫌がる人もいるんだな。という目線で読んでいただけると良いと思います。

明らかに無駄に魚を殺している写真をアップ

たくさん魚を釣ったら良く言えば爆釣!なんですが、

「そんなにたくさん釣ってどうするんですか?食べきれるんです?乱獲じゃないですか?」

と、誰かに思われるような写真をアップすると炎上の可能性が。特に他人がうらやましがるような魚種を大量に写真に撮ってアップした場合に起こりやすいです。

また、リリースするのにアスファルトの上に魚を大量に並べて写真!とかも炎上します。

「これ?リリースするんですよね?もう死んじゃってるよ!あなたは釣りする資格ないですね。」

と言われることになります。いのちはだいじに!

小さい個体や抱卵個体をお持ち帰りの写真をアップ

地域のルールで捕獲禁止等、決まってるならそれに従うまでですが、ルール化されてないにもかかわらず注意してくる人もいますね。

持ち帰るかどうかは、ハッキリ言って個人の裁量に任せられるべきところだとは思いますが、迷ったらアップするのはやめましょう。

これも魚種によるし、個人差があるので基準はあってないようなものです。それがまたむずかしいw

SNSを続けていれば「ここまではOK!」「これはNG!」というのがなんとなくわかってきますので最初はアップしないのが無難かなとは思います。

釣りポイントが明確にわかる写真をアップ

特に好釣果でその場所までわかるような写真だとまずいです。

その場所には釣り人がドッと押し寄せることになります。たとえ自分が良くても、その釣り場をホームにしてる人は嫌がる可能性大!

釣りポイントが明確にわかるような写真のアップはやめておきましょう。

ライフジャケットを着ていない写真をアップ

例えばですが、見るからに落水したらやばそうな場所で、釣った魚と共にライフジャケット着ていない自分がガッツポーズした写真をアップした場合がまずいですねw

ライジャケ警察がやってきます。

※ライジャケ警察:ライフジャケットを着てない人を取り締まるのが好きな人たち

魚が釣れて嬉しいはずなのに、なぜかライフジャケット着ていないことを指摘されて注意や非難されるコメントを多数いただく結果になることも。

まあ、ライフジャケットは写真をアップするしないに関わらず、着ましょう!

他人の釣果写真から場所をあばく

他人がアップした釣果写真から釣れた場所を推測する。まではいいのですが、

「この場所って◯◯の▽▽ですよね!?」

とコメントしてしまうと嫌がられる可能性があります。そりゃ、そうですよね。

その人にとっては秘密にしておきたい釣り場かもしれないのに誰の目にも止まる公の場で場所を暴かれたら嫌ですよね。

YouTuberの宣伝メッセージ

YouTuberの方全員に当てはまるわけじゃないですが、この場を借りてもの申したいw

自分のYouTube動画の宣伝のためにSNSのメッセージ機能を使ってる人のことです。

彼らはフォロバ(フォローを返すこと)した瞬間に

「チャンネル登録お願いします!」

の宣伝のメッセージ送ってくるんですよ。結構な確率で嫌がられますし、正直なところ私もノーサンキューです。宣伝に労力使うぐらいなら、動画の質を上げるほうの努力してくださいw

自分の評価をむしろ下げることになるのでいいことないですよ!

動画の質がいいなら放っておいたってチャンネル登録してもらえますよ!たぶん。

最後に

ざっと挙げるとこんな感じですね。書き出すとどんどん出てきますねw また追加するかもしれません。

実際、ほんとに炎上したり嫌がられたりするかどうかはその人の人となりにもよると思うので、一概には言えませんが上記で挙げたことには注意しておきましょう。

上記を踏まえてSNSを上手に使いこなし、釣り人の輪を広げてみませんか?(散々、怖いこと言っといて最後はSNSに勧誘w)

では、明日も笑って良き釣りライフを( ´∀`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました