100均竹竿でカサゴを釣ってみた

やってみるといいかも

道具も持っていないけど釣りはしてみたい初心者の方にカサゴ釣りをおすすめしたい。そんな内容です。100均の竹竿で無茶な釣りをするネタ記事ではありませんw
釣り初心者って2パターンあると思うんです。

A.釣りってやり方よくわからないけどおもしろそう。一匹釣ってみたい。
B.自分用の竿を買って釣りはじめました。

今回はAパターンの方向けのお話です。

カサゴを釣ってみよう

釣る方法

私が釣り初心者の方におすすめしたいのが穴釣りです。
穴釣りとは消波ブロックや石積みの隙間に仕掛けを落とし、根魚を狙う釣りです。根魚釣りのターゲットとして、釣りやすい代表格として挙げられるのはカサゴですね。以下のような画像の場所であればカサゴはだいたいいると思います。

消波ブロックの危険性

消波ブロックは足を滑らせると非常に危険です。特に海水で濡れている箇所は滑りやすいので乗らないようにしましょう。また、根掛かりした場合に外すのに夢中になって落水するとかもありますのでお気をつけを。。。

私は根掛かり外すのに夢中になりすぎて、バランスを崩し、片足を海水に突っ込んだことがあります。 深刻な事故が起きる可能性があるので充分に注意してください。 理想は消波ブロックまで進入せず、足場の良い場所から消波ブロックの隙間に仕掛けを落とすことです。消波ブロックでの注意事項はこちらにまとめてあります→消波ブロックで注意すべき8つのこと

サビキ釣りは値段の面ではハードルが高い

釣り初心者、ファミリーフィッシングの定番といえばサビキ釣りが候補にあがってくるかとは思いますがこのサビキ釣り、用意する道具が多いです。道具はないけどちょっとやってみたいぐらいだとハードルが高いです。

サビキ釣りで用意する道具はサビキ針、サビキカゴ、コマセ、リール竿、水汲みバケツ等々。特にリール竿を用意しなければならないのが大きなハードルですね。

用意するもの

カサゴを最低限の道具で釣る場合、用意するものは以下のものです。2000円ぐらいあれば揃うと思います。

用意するもの

実際に私がカサゴ釣りに行くときに用意しているものです。ほんとに最低限ですw これだけあれば釣れます。ここでは釣り餌にオキアミを使用しています。

穴釣りは根掛かりしやすいのでブラクリ仕掛けは数個持っていったほうがいいと思います。

針の大きさはとりあえず2号でいいと思います

釣り方

釣り方は・・・簡単に説明しますね。竹竿(のべ竿)に2mぐらい(扱えそうな範囲で長ければ長いほど底を探りやすくなるので良いです。)の釣り糸を結び、その先にブラクリ仕掛けを取り付けます。

そして針にアオイソメ、またはオキアミを挿して消波ブロックの隙間に落とす。できれば底まで落とす。底まで落ちたらチョンチョンと少し小刻みに竿を動かして誘ってみてください。以上ですw 細かいこと言い出したらキリがないのでかなーり大雑把に言ってますw

また、カサゴ釣りは日中でもわりと釣果あげやすいです。カサゴが釣れるというポイントさえわかれば時間帯はそこまで気にしなくてもいいと思います。

コツはずっと同じポイントで粘らないことですかね。アタリがなかったら、場所を変えてまた、消波ブロックの隙間に落とすことです。

カサゴ釣果実績

実際、私は消波ブロックで竹竿でのカサゴ実績わりと良好です。周りの穴釣り用の竿を使ってる方とたいして変わりません。(釣りポイントによるかとは思いますが。)カサゴ狙いで行けばボウズになることはほとんどありません。

最初はスピニングリールの投げ釣り用の竿使ってたんですが、私が持ってたのは少々長くて、使いづらかったのでひらきなおって竹竿にしましたw 「穴釣り用の竿ぐらい買えよ!」って言われそうですが、釣れてるので許してください。そのうちちゃんとした穴釣り用の竿も買おうと思ってます。

豆知識

か、かわいい・・・ カサゴくん、君は僕の心のよりどころだ・・・

後から知りましたが、カサゴの背ビレには微量ながら毒があることもある?ようで(個体による)、敏感な方は軽い痛みを伴う場合もあるようです。つまり、上の画像のような、持ち方はまぁ、やめたほうがいいですねw 持つときは下アゴを持ちましょう。ちなみに上の画像では背ビレを直接持ってますが、特になんともなかったです。

では、明日も笑って良き釣りライフを( ´∀`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました