もはや餌!?ほぼ見た目ミミズのワーム「MMZ」の威力!あなたのお子さんもバスが釣れるかも?

MMZで釣ったブラックバス 釣り道具

こんにちは。ぽてまるです。

子供にバスを釣らせてバス釣りの楽しさを教えたい。

というお父さんアングラーの方は多いんじゃないでしょうか?かくいう私もそのひとりです。

だけど子供にいざバス釣りをやらせてみるとありがちな問題が以下の2点。

  • ロッドがうまく振れずバス釣りをするどころじゃない。
  • 釣れなさすぎてすぐ飽きてしまう。

ロッドがうまく振れないのは練習すれば次第に良くなっていくかとは思いますが、ロッドを振る練習するのは魚釣りが楽しくなってからの話なんですよね。

つまり魚釣りの楽しさを知ってもらうためには、まず釣らせてあげないとですよね。

釣れない時間が続くとやはり飽きてしまうことも多いと思います。

そして上記問題を解決するために使える絶対的なワームがあるので今日はそれを紹介していきます。

ほぼ見た目ミミズのワーム「MMZ」

「MMZ」とはO.S.P社が出しているミミズを模したワームです。

MMZ

見た感じはミミズにそっくりですね。しかも他のミミズ系ワームと違っているところはデフォルトでうねった状態であること。

下の画像は実際のMMZで左が「ナミ(内径3~4mm)」右が「チビ(内径2~3mm)」となります。

MMZ

パッケージにも最初からうねった状態で入っています。直線状に伸ばすことは無理ですね。

伸ばしてもうねった状態でクセがついているのですぐ戻ります。

だが、これがいい!このうねった状態でフォールさせることでアピール力抜群!

これのデメリットをあげるとすればワームが身切れしやすいこと。個人的にはナミのほうがまだ身切れしにくく使いやすいです。

使っていて頻繁に身切れする場合、チューブを巻いてあげたほうがいいですよ。ワッキー専用熱収縮チューブというのを針を刺す場所に巻いてあげます。

ワッキーチューブ

チューブの巻き方は適度な長さに切ってワームに通し、ライターで少しあぶるだけ。

なぜお子さんでも釣りやすいのか?

それは投げなくてもいいから。

ノーシンカーで投げずに足元に落とすだけで釣りやすいからです。

足元に落とし、もしフォール中になんらかの反応が釣り糸にあればアワセる。着底してしまったら少し場所を移動してまた足元に落とす。

ただこれだけです。極論、リールなしでも小さいバスなら問題なく釣れます。

実際、タイトル画像のバスもリールなしの延べ竿で釣ったものです。

釣りをする場所

まずロッドを振ることもままならない子供に釣ってもらう前提ですので足元に落とせる場所を見つけます。

例えばこんな感じ。

釣る場所

水際、木の下で日陰になっており水深が浅すぎない場所。(水深が浅すぎて底まで見えており、あきらかに魚がいない場所じゃなければチャンスあり)

くれぐれもお子さんの落水には気を付けてくださいね。子供から目を離さない&ライフジャケットの着用はしましょう。

時期、時間帯

子連れですので、時期は過ごしやすい季節の4月~10月あたりがいいと思います。

※真夏の場合は熱中症に気を付けてこまめな水分補給を。

時間帯はマズメがベストですが、日中でもOKです。

バスが釣れる

実際に子供にやらせてみましたその結果・・・釣れましたね~!

ブラックバス

サイズは小さいですが、子供にバスを釣ってもらうことが目的なのでまあいいでしょう。

ブルーギルも釣れる

もしバスを釣るのが難しければ「MMZ」を3cmぐらいにカットすることでブルーギルが釣れるようになります。

ブルーギル

アタリを増やしてブラックバス、ブルーギルかまわずに数釣りをするなら少しカットしてサイズを短くしてやったほうがいいですね。

釣りを好きになって欲しいならバス、ギル関係なしにとりあえず釣ってもらって釣りの楽しさを知ってもらえたらいいですよね。

さいごに

何度もいいますが、お子さんは必ず自分の目の届く範囲にいるようにすること。また、最悪落水しても足が汚れる程度の浅い場所ならまだいいですが、基本的にはライフジャケットを着せてあげるようにしましょう。

お子さんにブラックバス釣りを好きになってもらって、家族でバス釣りできるようになったらよいですよね。

あとお子さんにバスを釣ってもらうためにMMZをすすめているわけですが、もちろん大人が使っても問題ないですからねw

他のワームよりも釣れるサイズは若干小ぶりになる気はしますが、ボウズ逃れとしてはかなりすぐれたワームだと思ってます。

では、明日も笑って良き釣りライフを( ´∀`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました