テナガエビ用の釣り針が根掛かりですぐに折れたりするので、ハゼ用の釣り針に変えてみると・・・?

テナガエビ 釣り日記

ひさびさの釣り日記の投稿となります。ぽてちんです。テナガエビ釣りの時期が始まっていますね。

実は最近、発見してしまったのですよ。他の釣り人が誰もいないテナガエビ釣りスポットを!(歓喜)

他の釣り人がいない、かつ釣れる場所を発見した時って子供が秘密基地を発見したときのような感覚に似てますね!(笑)

他の誰にも教えたくない自分だけの楽園ですw

話が逸れました。すみません。今回は時間があまりないので2時間弱ぐらいの短時間勝負!何匹釣れますかね~?

テナガエビを釣りに行く

釣る場所

テナガエビってほぼ淡水に近い汽水域?にもいますね。

今回、テナガエビ釣りをするところは干満差がほぼない汽水域(ほぼ淡水)の川です。足元にはゴツゴツと岩があるような場所で岩の隙間に仕掛けを落とす穴釣りをしていきます。

ちょっと淀んでて見にくいですが、以下のような岩のある場所です。

今回はハゼ用の釣り針を使ってみる

テナガエビ専用の仕掛けは針がとても小さくハリスも細め。根掛かりするとわりと簡単に折れて(または糸切れて)しまいます。

釣果を伸ばすためには専用の針を使ったほうがいいことはわかってるのですがね?

子どもに使わせてるとまあ、根掛かりするは!針折れるは!糸切れるは!で忙しいんです。

(教え方が下手くそとか言わないでw)

そして、あまりにテナガエビが釣れないとやっぱりハゼ釣る〜!とか言い出す始末。仕掛け組み直すのめんどくさいです。

そこで私は考えました。ハゼ用の針でもテナガエビ釣れるんじゃね?と!w

ハゼ用の釣り針はテナガエビ用の釣り針より太く、折れにくい。

テナガエビが釣れずに飽きたら釣り針そのままでハゼにすぐに浮気できる。

根掛かりしてもハリスが太いので糸が切れにくい。

なにより私の手間が格段に減るはず!

ナニコレ!?いいことづくめじゃん! (テナガエビが釣れないかもしれないという重大なデメリット忘れてますw)

根掛かり外し、針の付け替え、糸の張り直し、全部私の仕事ですからね!

だって私も釣りしたい。(小声)

なのでテナガエビの釣果が多少減っても手間が減るならまあええか。と今回はハゼの釣り針を使ってテナガエビ釣りを試してみました。

釣果

餌は家の畑で掘ったミミズを使ってます。ハゼの釣り針を使うと釣果は下がる???ものの普通に釣れますね。

テナガエビ

※申し訳ありませんが、テナガエビ釣りは私が経験豊富なわけではないのでハゼ用の針を使ったことで実際に釣果が下がっているのか判断できません。

釣ったテナガエビ

画像では3匹ですが、撮った後、帰ろうとしてる時にポンポンポンと3匹釣れたので計6匹の釣果です。

テナガエビの釣り針使ってたときは根掛かりしてワンセット全てなくなるぐらいの勢いだったのですが、今回は1回根掛かりして糸切れただけ。

私の手間も格段に減りました!w

テナガエビ釣りで根掛かり頻度が多く、困ってる方は試してみる価値あるかも?です。

ただ今回、ハゼ用の針を使って特に悪いことはなかったのですが、テナガエビ専用の釣り針から逃げてるような気もしてきますね・・・w

やっぱり釣果を出そうと思ったらテナガエビ専用の釣り針を使いつつ、いかに根掛かりしないか、どうやって釣果を伸ばすか考えながらやるほうがいいような気がします。

あと外道でマハゼやヌマチチブ?が少し釣れて今回の釣りはおしまいです。

マハゼは薄い色ですぐ判断できますが、ヌマチチブかどうかはちょっと断定はしずらいですね。。。私は普段、マハゼ以外の黒いハゼっぽい魚が釣れたときはどんこ、あるいはダボハゼと呼んでいます。地域によって呼び方違うかもしれないですね。

テナガエビを唐揚げに

持ち帰るかどうかは微妙な数ですが、今年初なので持ち帰っていただくことにしました。

テナガエビは泥抜きが必要なのでこれは翌日の食卓ですね。

ハンバーガーです!ポテトの横に主役のはずなのに数が少なすぎて全然主張できてないテナガエビの唐揚げが乗ってますw

火が通るとよく見るエビっぽい色合いになっておいしそうに見えます。で、食べるとパリパリ食感で実際においしいですね♪

6月の今、テナガエビ釣りは最盛期を迎えつつありますね。みなさんも行ってみてはいかがでしょうか?

では、明日も笑って良き釣りライフを( ´∀`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました