干潮・満潮の潮止まりの時間帯は下見をして地形を把握し、リバーシーバスを釣る!仕留める!

干潮・満潮から情報を得る やってみるといいかも

リバーシーバス・・・シーバスアングラーの間では川にいるシーバスをそう呼んでいますが、このリバーシーバス。私は釣るの苦手でしたぽてまるです。

(今は得意なのか?って言われるとそうでもないけど全然釣れなかった時代よりはマシw)

まず最初の1匹を川で釣らないことには、川で釣れるイメージが湧かなかったのが原因です。なんとなくコツがわかってからはぼちぼち釣れるようになりました。

シーバス

その1つのコツとして下見があります。汽水域の潮汐がある河川は、海よりも地形の変化が見つけやすいのです。

海でも川でもそうですが潮止まりの時って釣りづらいですよね。

この潮止まりの時、無理にがんばって釣りをするのではなく、ひらきなおって釣りをやめ、下調べをすることによって今後の釣果アップに繋げよう!というのが今回のお話です。

※以下、汽水域の潮汐がある河川に当てはまる内容です。水深のある海にはあまり当てはまらないかもしれません。

干潮時、満潮時の情報収集とは?

まず干満差を比較してみる

まず大潮の日の干潮、満潮時の写真を見比べてみましょう。これは河口付近のある川を撮影したものですが、けっこう干満差がありませんか?
※地域、場所によって干満差は異なります。

例えばですが、この場所で(干潮時の状態を知らずに)満潮時に釣りをしてルアーで底をとろうものなら根掛かりを避けるのはかなり厳しいですよね。手前に岩場があるので…。

でもこの干潮の状態を知っていれば岩場の手前で底をとるのをやめるとか、そもそも釣り方を変えるとか、判断できますよね。

干潮時の情報を収集する

干潮時の情報収集をする場合、大潮、中潮あたりの水位が特に低くなる時間帯がおすすめです。

普段は見えない障害物が姿を現す

干潮で姿を見せた消波ブロック

水位が低いため、普段は見えない障害物(ストラクチャー)が見えていることがあります。 障害物付近に潜むシーバスは多いため、場所を覚えておけばルアーを投入するポイントとなります。

根掛かりしそうな場所を把握できる

これはもう知っておいて損はないですね。根掛かりは釣り人のモチベーションと財産を奪ってゆく大敵です。これを把握することは快適に釣りすることにつながります。

干上がる場所がわかる

干上がる可能性がある場所、極端に浅くなる場所には回遊してこない場合がありますのでその目安になります。

水位が低い場合にだけ現れる釣りポイントが見つかる可能性も!?

隠れ釣りポイントが見つかる可能性があります。隠れ釣りポイントを見つけた時って自分だけの城ができたような喜びがありませんか?え、ないですか、そうですか…。

他の釣り人が残したゴミを回収できる

まずひとつ言わせてください。

釣りの時に出たごみは自分で持ち帰りましょう。

当たり前のことですよね。しかし皮肉なことながら、釣り人が残すゴミって情報収集にはもってこいなんですよね。仕掛けのゴミとかが落ちてれば何の魚を狙っていたのかがわかることもありますし。

そしてゴミを拾えば釣り場もキレイになるし、まさに良いことづくめ!

満潮時の情報を収集する

満潮時の情報収集をする場合も、大潮、中潮あたりの水位が特に高くなる時間帯がおすすめですが、個人的には満潮時の方が干潮時と比べると得られる情報は少ないです。

どこまで水位が上がるのかわかる

すみません。当たり前のことですね(笑)

ただ、これを把握しておくことによって足元がぬかるむ(濡れている)可能性がある場所かどうかの判断になりますね。

例えばですが ↓ ↓ ↓

ぽてまる
ぽてまる

今日は、夜22時の下げ潮の時間帯に釣りをしよう。

ぽてまる
ぽてまる

あ、でも、夜19時に満潮だったから潮が引いたところ絶対乾いてないや。(※夜なので乾かない)

ぽてまる
ぽてまる

たぶん、ドロドロだから長靴履いて行こう。

満潮時にどこまで水が来るのかを把握しておくことで自分の行こうとしてる釣り場の足元が乾いているのかを知ることができますね。

普通の靴で釣り場に行ってしまい、足元がぬかるんでいたり、濡れていたりすると危ないので意外と重要なことな気がします。

最後に

海や川まで出向いておいて、釣りをしないことってなかなか難しい気がします(笑)が、今後釣るための準備としてこういう情報収集に努めるのも悪くないですよね。

個人的には海のシーバスよりも川のシーバス(リバーシーバス)のほうが釣果に繋げやすい気がします。

では、明日も笑って良き釣りライフを( ´∀`)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました